他店の真似をしない

失敗しないために

HOME > 失敗しないために > 他店の真似をしない

自ら考え抜き、本質を掴むところに成功はある、
安易な真似にイノベーションはない。

開業で失敗しない為に 重要なのが、「安易なコピーをしない」ことです。

具体例を挙げましょう。
讃岐うどんブームは、今から十数年前の「はなまるうどん」の全国展開からはじまりました。
それまで、香川県には多くののセルフうどん店がありましたが、どちらかと言えばその多くは綺麗な店ではなく、女性でも入りやすいお店ではなかったのです。それを「はなまるうどん」は、それまでのイメージを払拭し、女性でも入りやすい綺麗な店をつくりました。

要するに、今までたくさんあったセルフのうどん店を否定した店をつくったのです。
それがヒットしたため、日本中に「はなまるうどん」のコピー店があふれました。
しかし、今はそれらのコピー店は全然残っていないのが事実です。

「はなまるうどん」は、麺を全国4ヵ所のセントラルキッチンでつくり、全店に配送しています。
各店舗では麺をつくらず、ゆでるだけで済みますので、チェーンストア理論に則っていて
効率が良いのです。

ところが、多くの会社が「はなまるうどん」を真似るのを見ていた「丸亀製麺」だけが、真似をせずに、
店内で、
小麦粉をこねるところからはじめる実演自家製麺を採用しました。

その結果、唯一「はなまるうどん」の真似をしなかった丸亀製麺だけが大成功しました。

「丸亀製麺」にとって、「はなまるうどん」は世の中にすでにたくさんある現実であったのです。

ところが今度は、「丸亀製麺」が大成功したために、「丸亀製麺」をコピーする店が氾濫しました。
無論、そのほとんどの店は失敗しています。

冒頭にお話しした「守破離」という考え方のごとく、真似るのであれば、師匠を超えなければいけないのに、師匠のレベルよりはるかに低いレベルでコピーしているからうまくいかないのです。

ビジネスにおいて大切な部分は「見えない部分」です。見える部分は誰でも簡単に真似ることができます。

見えない部分をきちんと理解して、師匠を超える店をつくらないと、勝てないのです。
氷山でも、見えている部分はほんの一部です。ほとんどの部分は、水面下で見えないのです。

今から、セルフ店をはじめるのであれば、「丸亀製麺」を真似るのではなく、「丸亀製麺」を超える店をつくることです。「丸亀製麺」はすでに今ある現実でしかないのですから。

自ら考え抜き、本質を掴むところに成功はあるのです。安易な真似はイノベーションを生みません。
「はなまるうどん」や「丸亀製麺」のように、これまでの現実を超え、「ビジネスの本質」を掴むことで、成長と成功はあるのです。

失敗しない為には8.「際立った個性」
PAGE TOP

麺開業.com やりたい気持ちはあるのに、誰に相談して、何から始めていいのか分からない… 毎年200店以上をプロデュース安心してご相談ください!

お問い合わせ・資料請求
0120-45-1002 フリーダイヤル 8:30 ~ 17:30(日・祝を除く)

PICKUP MENU

初めての方向け

自分の課題に向き合う


大和製作所がお届けする、ラーメン・うどん・そば・パスタ、麺業界の最新ニュース・お役立ち情報をお届けするウェブ情報誌YAMATO通信 麺と経営の事なら 麺の学校校長ブログ 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 大和麺学校放送局 学校の様子を動画配信!
無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報

月~金曜日大好評配信中!!メールマガジン 毎日1分で読める繁盛店への道
↓ メルマガ無料登録 ↓
電子メールアドレス(半角)
  • プロの経営者になる知識・知恵をたったの2日間で「経営ノウハウ講義」
  • 資金はどれくらい必要? お悩みから探す
  • 開業で失敗しない為の10ヶ条
  • 無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報
  • 書籍のご紹介