HOME > よくある質問 > 初めての方向け 開業について > うどん店の夜の弱さを克服する方法はありませんか?

うどん店の夜の弱さを克服する方法はありませんか?

うどん店が夜に弱いのではなく、夜に通用しないメニューしか用意してない店(昼と同じメニューしか置いていない店)、或いは夜のお客様の飲食動機に対応していない店が弱くなってしまっているのです。

 

ランチとディナーという考え方の違いがあるように、メニューも切り分けて考える必要があります。

 

昼間の飲食動機はお腹を満たすことが中心、夜は楽しい食事の時間を消費するのが目的です。したがって、昼は軽めの食事だからうどんそばは大変合っています。そして夜は重めの食事が好まれる傾向にあります。

 

また、平日の昼間の特徴は一人客が多いのですが、夜は一人では来ません。ですから、夜の飲食動機に合った比較的重いメニューや、食べるのに時間のかかるメニュー、複数で食べるメニューを用意しなければなりません。

 

現実には夜強いうどん店は、夜に通じるメニューをシッカリ持ち、夕方5時以前のランチメニューと5時以降のデイナーメニューを分けて持っています。

 

そして、女将さんのような存在、夜のお客様の対応がしっかりできる女性を置かないといけません。高い客単価を取ろうとするなら、お金を使ってもらえるような雰囲気づくり、場所づくり、接客サービスができていなければなりません。夜の営業は、よりレベルの高いものが要求されるのです。

 

PAGE TOP

麺開業.com やりたい気持ちはあるのに、誰に相談して、何から始めていいのか分からない… 毎年200店以上をプロデュース安心してご相談ください!

お問い合わせ・資料請求
0120-45-1002 フリーダイヤル 8:30 ~ 17:30(日・祝を除く)
麺と経営の事なら 麺の学校校長ブログ 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 大和麺学校放送局 学校の様子を動画配信!

麺開業.comお知らせ

カテゴリ別

最新のお知らせ

過去のお知らせ

  • 動向や可能性が分かる 最新麺業界情報 なぜ今麺業界に可能性があるのか?最新情報をチェック!
月~金曜日大好評配信中!!メールマガジン 毎日1分で読める繁盛店への道
↓ メルマガ無料登録 ↓
電子メールアドレス(半角)
大和通信
  • 繁盛させるために経営者が理解すべきこと
  • メニューのご案内「旨辛出汁」
  • 小麦粉の製麺特性3大要素 など
  • プロの経営者になる知識・知恵をたったの2日間で「経営ノウハウ講義」
  • 資金はどれくらい必要? お悩みから探す
  • 開業で失敗しない為の10ヶ条
  • 無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報
  • 書籍のご紹介