うどん・ラーメン・そば屋開業・繁盛店を目指す|「深い思考」について

うどん学校

本日のテーマは 開業で失敗しない10ヶ条 5.深い思考 についてです

殆どの新規開業者が失敗している原因の一つが、深い思考をしていないことです
深い思考と浅い思考の違いは次の通りです

1.深い思考は、それが正しいかどうか、そうすることは、善か悪かで判断し、
浅い思考は、目先の損得で判断します。
2.深い思考とは、高い位置から判断し、浅い思考は、低い位置から判断します。
3.深い思考とは、内側深く、見えない部分まで見るようにし、浅い思考は、表面上のことしか見ていません。
4.深い思考とは、長期的な視点で考え、浅い思考は、短期的な目でしか思考しません。
5.深い思考は、未来を読み解き、浅い思考は、過去のことだけを頼りにします。

深い思考をするのに、一番のお勧めは朝の時間を使うことです。

朝の静まり返った時間を有効に使うことです。

瞑想をしていると非常に深い思考に入り易く、集中力が高まります。

深い思考をすることにおいて重要なことは、物事の本質を考えることです。

例えば私は、創業時に製麺機ビジネスでトップになることを決意し、トップになるにはどうすればよいか、ということを深く考えた時に、思いついたのが製麺機ビジネスの本質は何かということです。これを深く考えていくと、分かってきたことは製麺機ビジネスの本質は「麺の美味しさ」であり、麺の美味しさを極めることにより、「製麺機業界を制することが出来る」という信念を持ったのです。

こういうことは、短期間でひらめくということは殆どありません

考えて考えて、深く考えて、考えつくして、何日も何日も考えて、やっとひらめくのが、深い思考による結果です。

思いつきとかでは無くして、絶対的な自信が出るまで深く思考することです。

それからビジネスを行う時に非常に重要なことは、自分がやりたいこととか、得意なことを行うのではなく、世の中の接点、時代背景を合わせ見て、自分がやりたいこと、得意なこと、と時代がうまくかみ合うかどうかを深く思考することです。

うまくかみ合わなければビジネスにはならず、自分がやりたいことや得意なことを行うのは趣味の世界なのです。ビジネスとなると時代背景とか、世の中の大きなトレンドなどとかみ合って、利益が出るようなビジネスになるのかどうかの交差点を見つけることが重要で、深い思考がとっても重要な点です。

次に深い思考にとって重要なことは、最大限大きく夢を持つことです。

この夢を達成するためには、どのようにしたらよいか、ということを深く考えてみると有効な解決策が出てきます。大きな夢を持たなければそのような有効な解決策はなかなか出てこないのです。

次に、ビジネスにおいては、ビジネスの本質を理解することが重要で、ビジネスの本質は以下の通りです

1. お客様の心を変えること

常に、お客様の心をもっと心地良い状態に変え続けることです。

2. 成長し続ける事、成長なくして、ビジネスはあり得ない

リスクを取る事無くして成長はあり得ない
地球上の生物は皆、成長途上にあるか、衰退途上にあるかのどちらか。
現状維持は、前に進んでいない飛行機と同じ
現状維持は、あり得ない

3. 自らリスクを取る事

リスクを取ったものだけが生き残る事が出来る
生物の歴史は、種の生き残りを賭けた、壮絶な闘いの歴史
人間の歴史は、リスクを背負って、生き残った歴史
ビジネスを始める事はリスクを取る事、リスクを取る事無くして、
ビジネスはあり得ない

4. 先に与える事

目先の損得にこだわらない

5. 自分の使命を全う出来る様な情熱の持てる事に取り組む事

麺専門店ビジネスは、本当に情熱を持てるビジネスか?
たった1回しかない、貴重な人生における時間のロスを防ぐ

6. 未だ解決されていない、お客様の問題の解決

7. 心地良い状態を常に作り続ける事

人間は誰でも痛みを避けて、快楽を求めて行動する。(パスカル)

8. 今ある姿をあるべき姿に変えるプロセス

今まで成功したビジネスはすべて現状否定をして新しいスタイルを作り上げた

9. ライバルとは、絶対に競争しない

ライバルに絶対に勝てる強みを持つ
ライバルと、同じお客様をターゲットにしない(違う土俵で)

10.ビジネスを始めると言う事は、お客様を明確にするということ

使命、価値、コンセプトを明確にする事です

11.得たい結果を得るには、先に犠牲をはらう。

12.全ての相反する要素を満たそうとする矛盾を追いかける事、矛盾だらけの中で 経営する事

13.お客様研究

真のお客様にフォーカスし、お客様になりきり、
お客様の真のニーズを理解し、解決すること。

14.常にトップを目指す

ビジネスの本質を端的にいえば、お客様の問題解決です。

お客様の抱えている問題を解決することこそがビジネスの本質です。

今日も最高のパワーで、スーパー・ポジティブなロッキーです。

画像は、うどん学校での盛付の1例です。

Picture of 藤井 薫(ロッキー藤井)

藤井 薫(ロッキー藤井)

株式会社大和製作所、株式会社讃匠 代表取締役。
令和5年 秋の叙勲にて「旭日単光章」受章。

1948年5月、香川県坂出市生まれ。国立高松工業高等専門学校機械工学科卒業。川崎重工株式会社に入社し、航空機事業部機体設計課に配属。その後、独立し、1975年に大和製作所を創業。

過去48年以上にわたり、麺ビジネスを一筋に研究し麺ビジネスの最前線で繁盛店を指導。麺専門店の繁盛法則について全国各地で公演を行う。小型製麺機はベストセラーとなり、業界トップシェアを誇る。
「麺店の影の指南役」「行列の仕掛け人」として「カンブリア宮殿」「ありえへん∞世界」「スーパーJチャンネル」等、人気TV番組に出演するほか、メディアにも多数取り上げられる。
また、2000年4月にうどん学校、2004年1月にラーメン学校とそば学校を開校し、校長に就任。

校長ブログ一覧

全国8ヶ所にある麺開業.comの相談場所で、メニュー開発や、スープ・だし講習、経営についてなどの無料のイベント・セミナーを多数行っています。

開催場所ごとのイベントを見る