よくある質問

HOME > よくある質問 > そばについて


ラーメンと一緒に、うどんやそばを出している店がありますが・・・

全国的に多くはないですが、東北ではその様な店が良くあります。

 

専門性がなく、ラーメン店としてラーメンが美味しく見えません。そのような店にわざわざ食べに行きたくなるか、ご自身がどうか考えてみていただきたいと思います。


そば学校で詳しく学ぶ

新しくそば店開業を考えていますが、資金面で不安です

まず、どのような業態で、どの様なサイズのお店を検討されているか、どこで開店したいかを考えます。

 

それが決まれば、大体の必要な資金が分かります。また、出来るだけ自己資金を準備して、堅実な事業計画を立てる事で色々な金融機関も利用出来ます。ただ、理解して頂きたいのは、どのくらいお金をかけられるかで、あなたのお店が繁盛するかどうかは、決まらないという事です。

 

要は、限られた資金で、あなたの成功店の形をつくる事が重要になります。限られた資金でも繁盛店をつくる事は可能なのです。


そば学校で詳しく学ぶ

そばつゆの冷凍は駄目ですか?

取った後、急冷して冷蔵保管すべきです。冷凍はあまり良くありません。


そば学校で詳しく学ぶ

製麺にあたり、水の硬度は何度まで許容されますか?

水の硬度が高ければ高いほど、悪影響が強くなります。

 

例えば、軟水と比べ、9.17度の硬水では 茹で時間が2倍(前述の研究論文)と報告されています。しかし、硬度が2度以下なら、さほど心配はありません。日本全国、地域により水質硬度は様々です。大和製作所では、水の硬度検査を無料で行っています。ご遠慮なくお申し付け下さい。


そば学校で詳しく学ぶ

美味しい麺づくりに共通することはなんですか?

一言でいうと、情熱(心)です。いくら素晴らしい原料と最高の技術力があっても、情熱がないと、美味しいものはつくれません。

 

そして、「どのような麺をつくりたいか?」をまず決めること。最初は、この店のような麺がつくりたいという事でも良いかもしれません。そして、理想の麺をつくる為に「最適な原料(小麦・そば粉、水、塩、その他)」を選び、それに「最適の製法」でつくります。

 

また、実際に毎日の製麺作業になった場合の運営方法も考慮する必要があります。「原料、運営に関する正しい知識」を身につけて、「麺づくりの技術」を手に入れましょう。これが、貴店を麺づくりのレベルを上げる鍵です。

 

麺の学校では、短期間でこだわりの麺づくりができるよう、熟練した技術を持った講師陣がサポートしています。


そば学校で詳しく学ぶ

美味しい十割・二八そばを作るのにはどの機械が一番良いですか?

十割・二八そばには坂東太郎シリーズが最適です。手打ちと同じ要領で、麺棒に巻き取りながら、反対側は巻き戻ししながら、3kg玉の生地まで一度に圧延出来ます。

 

詳しくはそば製麺機ページをご参照ください。


そば学校で詳しく学ぶ





PAGE TOP

麺開業.com やりたい気持ちはあるのに、誰に相談して、何から始めていいのか分からない… 毎年200店以上をプロデュース安心してご相談ください!

お問い合わせ・資料請求
0120-45-1002 フリーダイヤル 8:30 ~ 17:30(日・祝を除く)

PICKUP MENU

初めての方向け

自分の課題に向き合う


大和製作所がお届けする、ラーメン・うどん・そば・パスタ、麺業界の最新ニュース・お役立ち情報をお届けするウェブ情報誌YAMATO通信 麺と経営の事なら 麺の学校校長ブログ 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 大和麺学校放送局 学校の様子を動画配信!
無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報

月~金曜日大好評配信中!!メールマガジン 毎日1分で読める繁盛店への道
↓ メルマガ無料登録 ↓
電子メールアドレス(半角)
  • プロの経営者になる知識・知恵をたったの2日間で「経営ノウハウ講義」
  • 資金はどれくらい必要? お悩みから探す
  • 開業で失敗しない為の10ヶ条
  • 無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報
  • 書籍のご紹介