茹でのびしにくい麺を作るにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、茹でのびという現象について少し説明します。

よく「麺がのびた」というのは、麺の内部に水分が行き渡った状態の事です。 水分が行き渡る事で、コシがあった麺も柔らかいだけになり、弾力がなくなるため、一般的に美味しくないとされます。

という事で、まず茹でのびしにくい、茹でのびするのに時間がかかるという麺をつくるには、水分(スープ)がなかなか行き渡らない構造を内部、又は外側につくってやる事です。 その為、様々な原料を使い、工夫をします。

特に重要なことはミキシングした後の第一熟成を取ることです。その他にも圧延後の第二熟成、麺線後の第三熟成と熟成が重要になってきます。

詳しくはお問合せ下さい。

その他ラーメンの「疑問・質問」

他の受講生の声も見る

全国8ヶ所にある麺開業.comの相談場所で、メニュー開発や、スープ・だし講習、経営についてなどの無料のイベント・セミナーを多数行っています。

開催場所ごとのイベントを見る