よくある質問

HOME > よくある質問 > 経営・運営について


昼と夜の飲食の違いは何でしょうか?

昼の食事の場合、多くのお客様は「早い・安い・近い」を重視し、空腹を満たすために来店されます。

 

反対に、夜は空腹を満たすというより、気持ちを変える(ストレスを発散する)等、食事を楽しむために訪れるお客様が多くなります。夜の特徴は、値段も昼の食事の3倍から5倍程度と高く、お客様は一人ではなく、複数で来店することです。

 

従って、夜は料理だけが良ければいいのではなく、とりわけ接客が重要になってくるのです。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ

食堂のような利便性を重視した店が人気ですが、麺専門店でもセットメニューを扱うべきでしょうか?

麺専門店のコンセプトは、麺専門商品で充分に戦える店です。従って、セットメニューは極力避けるか、或いはあまり広げないことです。

 

今からは専門特化の時代なので、単品での商品力を上げ続けていくことが重要です。同時に、「楽しさの提供」や「安らぎの提供」等、店舗に付加価値をつけることも重要です。

 

反対に、利便性タイプの店の場合、お客様は「商品の魅力」を目当てに来店されているのではなく、便利だから、という理由で来店しているので、より便利なお店が近隣にできると、そちらの方へお客様が流出し、一気に客足が遠のいてしまいます。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ

商品力の高め方を教えてください

商品力を高める方法は沢山あります。一つ目はまず看板商品を持つ事です。メニューを沢山置くのではなく、売れ筋メニューを作り出します。

 

次に麺、だしの品質、器を含んだ盛り付けのきれいさ等が重要です。量目は多い方が繁盛します。自家製麺であれば、小麦粉の材料費よりもだしの材料費の方が高いので、麺の量目を増やすと、お客様には喜ばれ、お店は儲かります。

 

美味しい料理を作るのには、まず良い材料、提供する技術・ノウハウが高い事、そして、美味しい物を提供したい、多くの人を喜ばせたいという心がある事です。但し、今は飲食店であれば、「美味しいという事は当たり前」の時代です。期待を超える高いサービス力を磨いて行かなければ、今後の厳しい外食産業では生き残っていけません。

 

例えば、どんなに美味しいものを提供していても嫌な接客をされたら、「もう2度と来ない」と思う事はあるでしょう。「またあの店に行きたい」と思うのは、感動させる、心地よい接客、サービスからも生まれるのです。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ

自家製麺のメリットは何ですか?

自家製麺のメリットのひとつは、弊社の製麺機によって得られるのは原価を抑えることによる利益です。

ホームページ上で原価計算ができますのでお試し下さい。

 

改良に改良を重ね、安全性を追求した製麺機ですので、年齢・性別問わず安心してお使いいただけます。また、掃除がし易く衛生的です。(米国食品衛生規格NSFに準拠)

デザインにもこだわり、機械の冷たさを感じさせない見た目になっており、実演自家製麺にも最適です。

 

詳しくは製麺機ページをご参照下さい。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ

綺麗な盛り付けの仕方がわかりません

盛り付けは、商品力を左右する非常に重要なポイントです。

麺学校では、盛り付け実習やアドバイスをおこなっています。是非とも弊社の麺学校にお任せください。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ

メニューの開発は自分で考えるしかないのでしょうか?

麺の美味しさに最も注力する弊社では、他店と明確に差別化出来る麺づくり、最高に美味しい麺づくりをサポート致します。

 

あなたの作りたい麺の食感、味を実現するために、原料の選定(小麦粉、塩、他原料)から行い、加水率、製法を見出します。製麺の専門家が、差別化出来る貴店の様々な麺づくりを全面サポート致します。

 

お近くの営業所へお問い合わせ下さい。

 

また、味づくりやメニューの提案力を養う麺学校へのご参加もぜひご検討ください。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ

思った味が作り出せません

技術の向上、味づくりの基本、メニューの提案力、を養う為に弊社の麺学校は設立されています。

今まで世界中で多くの卒業生が、繁盛店として活躍しています。是非とも弊社の麺学校にお任せください。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ

メニューを1つに絞ってやった方が良いのでしょうか

よほど商品力が高くなければ難しいでしょう。それに、そこまでの商品力に仕上げるには時間もかかります。

 

ただし、メニューが多ければ良いというものではなく、絞ったメニュー構成にして、その中で看板メニューを持つことが重要です。

 

メニュー開発能力を身につける為にも弊社の麺学校へのご参加をお勧めします。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ

お客様に好まれるメニューの考案が難しいです

商品のインパクトが絶対に必要です。また、お客様は同じ商品を食べ続けていると、たとえ同じ品質で提供していても「品質が落ちた」とか「前より美味しくない」という意見が絶対出ます。

 

一押しメニューができたとしても、それに満足せずに常に進化させ続け、商品力を高め続けていくことが必要です。

 

弊社の麺学校へのご参加をお勧めします。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ

Page 2 / 2 12




PAGE TOP

麺開業.com やりたい気持ちはあるのに、誰に相談して、何から始めていいのか分からない… 毎年200店以上をプロデュース安心してご相談ください!

お問い合わせ・資料請求
0120-45-1002 フリーダイヤル 8:30 ~ 17:30(日・祝を除く)

PICKUP MENU

初めての方向け

自分の課題に向き合う


大和製作所がお届けする、ラーメン・うどん・そば・パスタ、麺業界の最新ニュース・お役立ち情報をお届けするウェブ情報誌YAMATO通信 麺と経営の事なら 麺の学校校長ブログ 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 大和麺学校放送局 学校の様子を動画配信!
無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報

月~金曜日大好評配信中!!メールマガジン 毎日1分で読める繁盛店への道
↓ メルマガ無料登録 ↓
電子メールアドレス(半角)
  • プロの経営者になる知識・知恵をたったの2日間で「経営ノウハウ講義」
  • 資金はどれくらい必要? お悩みから探す
  • 開業で失敗しない為の10ヶ条
  • 無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報
  • 書籍のご紹介